2013年08月11日

ホタルの様子

白馬乗鞍のホタルのは、6月13日の所見日からもうすぐ2か月が経ちます。

7月上旬と下旬に羽化のピークを迎え、8月に入って少しずつ減ってきました。

昨夜も蒸し暑く、風もなくて最高の鑑賞日和でしたが、ゲンジホタルが約60匹ほどとなっています。

日没が少しづつ早まっていますので、飛翔の最盛期は20:00頃となります。

羽化する成虫の数は減っていますが、ホタル小屋内で産卵させた卵が孵化を始めています。

生まれたての幼虫は約1.5mmと小さいですが食欲は旺盛で、餌になるカワニナに群がっています。

この幼虫たちが、来年のホタルの郷の主役たちです。

IMGP2149.jpg

IMGP2153.jpg

しばらく水槽で育てて、ある程度大きくなったら小川に放流します。
posted by 白馬乗鞍観光協会 at 07:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする